たぬき小屋とは?

不信感からの始まり

自転車の整備ってお店によりさまざまな整備方法があり、乱立していると言っても過言ではありません。

同じものを整備しているのですから、手段は変わっても結果は同じになるはずです。しかし、お店ごとにまったく違う乗り物を作り上げているというのが現状。

自転車を整備する資格には「自転車技士」や「自転車安全整備士」などの資格があります。・・・が、このどちらも協会の資格であり、国家資格は存在しません
試験自体も時間内に組みあがればいいというただのスピード競技であり、誤差の大きさも半端ではありません。
ホイールの振れが1mm以内。テンションはばらばらでもいい?そんなのありえませんよ。

こんな状態だからこそ、きちんとした仕事をする店を自分たちで作ろう!それがたぬき小屋の始まりです。

工具の選択・使い方、グリスの選択・塗り方、ボルトの締め方・緩め方、書き出したらキリが無いですが、私たちはその一つ一つを真剣に考え研究しています。

大切な愛車なら値段の大小にかかわらず、信頼のおけるメカニックがいるお店に出してみてはいかがでしょうか。

コミュニケーションを大切にする

休憩スペース当店ではご来店していただいたお客様とのコミュニケーションは当然の事、お客様同士でも輪が広がればいいなと思っております。

店内の休憩スペースを自由にご利用いただき、休日の予定をあわせてみたり、お勧めの場所などを共有しあってください。

無駄に押し売りはしません

お店にいらしていただいた方は分かると思いますが、当店にはそれほど店内在庫品がありません。
有名なチェーン店と比べると明らかに殺風景な店内です。

しかし、だからと言ってカタログ販売のお店とも違います。

当店で扱いが無いものでも、お客様のご要望に合ったものでしたらそちらを紹介する場合があります。

ノルマや売り上げのために押し売りしても、最終的にはせっかくご来店いただいたお客様を困らせてしまうだけです。
お客様には、私たちと同じように自転車・アウトドアを好きになって欲しい。当店が商品を紹介する場合には、そういう思いもこもっているという事を分かっていただければと思います。

遊ぶときは休みます

最初に謝っておきます。すみません!

当店では、常に最新の情報を得るためにスタッフもよく遊びます。
その際にお店をお休みさせて頂くことが多々あると思いますが、楽しんだ分は後日しっかりと働きますのでお許しくださいませ(*´∀`*)

 

Copyright (C) 2013 Tanuki Goya All rights reserved.